SNSでは書けない長めの話

WEBマーケティング、グロースハック、ときどきツールの使い方紹介

スプレッドシートの条件付き書式でカスタム数式を使う

スプレッドシートの条件付き書式を使えるようになると、見やすい表を作成できるようになります。また、データ量が大きく手動で色わけしていると膨大な時間がかかってしまうときにもオススメです。

中でも、カスタム数式を使いこなせるようになると、より、見やすい表を視覚的に作成できるようになりますよ。

好きな列に色をつける

下の表の流入の列に色をつけてみたいと思います。

1 1 2 2 3 3 4 4
指標 流入 CVR 流入 CVR 流入 CVR 流入 CVR
北海道 50 20 60 20 40 20 70 20
東京都 250 15 250 15 250 15 250 15
神奈川県 180 14 180 14 180 14 180 14
愛知県 100 9 100 9 100 9 100 9

完成系を貼っておきます。コピーして思う存分いじって見てください。 https://gyazo.com/de25497eec57ac26e0ff06b5d815c87c

条件付き書式 - Google スプレッドシート

範囲は

B2:M8

条件は
カスタム書式にして

=B$2="流入"

条件付き書式のの解説

これは、行番号は2に固定し、列番号は動的にしています。
例えば、C2セルの条件は、C$2="流入"であるかどうかを判定しています。この場合はFalseなので色は変わりません。

では、H3セルはどうでしょうか?この時の条件判定は、H$2="流入"であるかどうかを見ます。
行番号は2に固定されているのです。
この場合、Trueなので色が変わります。

対角線上に色をつける

リーグ戦や共起行列を作ったときに、対角線で色分けすることにより、わかりやすくなります。

対角線上に色付ける

条件付き書式 - Google スプレッドシート

範囲は

B2:G7

条件は
カスタム書式にして

=B$1=$A2

条件付き書式のの解説

D4セルの条件を判定してみましょう。条件はD$1=$A4であるかどうかですね。Trueなので色が変わります。 E7セルはどうでしょうか。条件は'E$1=$A7'であるかどうかですね。Falseなので色が変わりません。

ポイントは、固定なのか動的なのかきちんと理解することです。

他のにもいろいろできることがあるので、順次アップしていきたいと思います。