SNSでは書けない長めの話

WEBマーケティング、グロースハック、ときどきPRML

データに基づいたコミュニケーションが大事な話

データは大事というが、どう大事なのか改めて認識する。

なぜデータは必要なのか

コミュニケーションの中で「たくさん」「かなり」「少し」「あまり」などという言葉を一度は使ったことがあると思います。

これらの言葉は、非常にあいまいで、人によって受け取る情報が異なることを改めて理解しておきましょう。

例えば、「たくさん」という言葉も人によって差があります。
スキーに行かない人であれば、年に5回行けば、「たくさん」かもしれませんし、毎週スキーに行く人にとっては「20回行く」と言われても「たくさん」とは思わないかもしれません。

このように前提が異なれば、解釈も異なる可能性があります。

よりデータに基づいてコミュニケーションしましょう

小さな会社では常日頃からコミュニケーションが自然に取れるので前提のズレは少ないかもしれません。しかし、会社が大きくなるにつれて、一人一人のコミュニケーションの機会は少なくなるでしょう。そんなとき、コミュニケーションを適切に行うためにはより具体的なデータが必要になってきます。

経験により、データがなくても、困ることがないということはあるかもしれません。しかし、誰が言ったかではなく、何を言ったかを重視している会社では、いかに相手に納得感を持って理解してもらえるかが大事になってきます。納得感を作るには具体的なデータや根拠が必要です。

ビジネスの世界では、適切なコミュニケーションが行われないと間違った判断を下してしまい、会社や事業へ悪影響を及ぼしてしまいます。

意識してデータを使ってみる

データが大事なのはわかったけど、何から始めていいかわからないという人は下の部分から始めてみてください。意識的に継続し、最終的には無意識にできるようにしていきましょう。1

  • 上司への報告やMTGなどで「かなり増加した」と報告していたのを「前週比で◯%増加した」と具体的に伝えてみる。
  • 「肌感〇〇くらい」と答えたことのある数字は、別の機会にもう一度聞かれるかもしれないから数字を追って次回は正確に答えられるようにしておく。
  • いままでは提案で終わっていたが、次からは提案するときに、その案を実行すると、どのくらい効果があるのか伝え、その根拠を集められる範囲でそろえておく。

  1. なおここで、「数字にできない情報もある」と反論するのはナンセンスです。確かに、「人間の感情」「臨場感・雰囲気」など数字にできない情報もあります。しかし今回は、できるだけ具体的なデータ、情報を伝え、ミスコミュニケーションを減らしていきましょうという話をしています。