SNSでは書けない長めの話

WEBマーケティング、グロースハック、ときどきツールの使い方紹介

グロースハッカーになるためには

グロースハッカーになるには

グロースハッカーになるためには何ができればよいのか、僕なりに考えてみました。 また、pixivのグロースチームの方とお話しする機会をいただきとても刺激になりログを残します。

読んで欲しい方

そもそもグロースハッカーに興味がある人しかみてないと思うので、グロースハッカーがなにかについて細かくお話しません。
どうすればグロースハッカーになれるのか。一緒に考えていきましょう。

そもそもグロースって何?

そもそもグロース成長ですよね。
つまりグロースハッカーは成長するために必要なことはなんでもやります。 それがGoogleAnalyticsやOptimizelyなどを使ったA/Bテストであったりするわけですが、テストありきになってはいけません。

真のグロース施策とは

小手先の最適化を図っているよりも、もっとコンテンツそのものの改善を重要視した方がよい結果になるのではないでしょうか。

例えばpixivさんの事例。 pixivさんはEFO(エントリーフォーム最適化)を行いました。 ユーザー入力の補助を導入したことで離脱率は8%減少しました。
8%減少できたこともすごいですが、お話を伺っている中で、印象的だったのは離脱したユーザーの中で、本当に会員登録して使ってみたいと思っているお客さんは一度離脱しても帰ってくるとういうことでした。

グロースハックには成長させるものが必要

また「成長するために必要なことはやる」ということは逆に言うと、成長させるものが必要なんです。 何を言っているのかというと、0から1を作ることではなく、1から100、1000と拡大させていくことやるのがグロースハッカーなので、ある程度作り上がっているサービスや、プロジェクトでないとグロース施策の真の効果がでにくいです。

最後に

グロースハッカーは初期の頃は分析だけではなく質のいいコンテンツを作ることにも力を注具必要があるようです。ある程度コンテンツがたまってきてからやっと、A/Bテストなど分析、検証を高速にPDCAサイクルを回すということをやっていくとより効率的にグロースハックさせることができるのではないでしょうか。